イベント情報[2013年6月]
Callendar of Event[June 2013]


6月1日

マルタ国際フードフェスティバル / MALTA INTERNATIONAL FOOD FESTIVAL
ザッバールの街にて

6月2日

イン・ガーディア! / In Guardia!

騎士団の時代の軍事教練を再現したアトラクション。
ビルグ(ヴィットリオーザ)にて。11時より。
入場料 大人Eu7.00 小人Eu3.00(12歳まで) 学生Eu3.00


サイトマスターによるインガーディア観覧レポ
http://midmednews.blog85.fc2.com/blog-entry-1024.html

今年は開催場所がビルグ(ヴィットリオーザ)に変更になっています。ヴァレッタのバスターミナルよりNo.2、No.3のバスで30分程度



6月6日

ラプシ祭り / Il-Festa ta' Lapsi
マルタ騎士団を模したのパレードなどが、サン・ジュリアンにて行われます。18:00より

6月7日

1919年6月7日の記念日[祝日] / Sette Giugno [Public Holiday]
1919年におこったパンの公定価格の値上げに端を発した暴動と、その犠牲者を祈念する祝日。

6月9日

イン・ガーディア! / In Guardia!

騎士団の時代の軍事教練を再現したアトラクション。
ビルグ(ヴィットリオーザ)にて。11時より。
入場料 大人Eu7.00 小人Eu3.00(12歳まで) 学生Eu3.00


サイトマスターによるインガーディア観覧レポ
http://midmednews.blog85.fc2.com/blog-entry-1024.html

今年は開催場所がビルグ(ヴィットリオーザ)に変更になっています。ヴァレッタのバスターミナルよりNo.2、No.3のバスで30分程度

6月17日

イン・ガーディア! / In Guardia!

騎士団の時代の軍事教練を再現したアトラクション。
ビルグ(ヴィットリオーザ)にて。11時より。
入場料 大人Eu7.00 小人Eu3.00(12歳まで) 学生Eu3.00


サイトマスターによるインガーディア観覧レポ
http://midmednews.blog85.fc2.com/blog-entry-1024.html

今年は開催場所がビルグ(ヴィットリオーザ)に変更になっています。ヴァレッタのバスターミナルよりNo.2、No.3のバスで30分程度

6月23日

イン・ガーディア! / In Guardia!

騎士団の時代の軍事教練を再現したアトラクション。
ビルグ(ヴィットリオーザ)にて。11時より。
入場料 大人Eu7.00 小人Eu3.00(12歳まで) 学生Eu3.00


サイトマスターによるインガーディア観覧レポ
http://midmednews.blog85.fc2.com/blog-entry-1024.html

今年は開催場所がビルグ(ヴィットリオーザ)に変更になっています。ヴァレッタのバスターミナルよりNo.2、No.3のバスで30分程度

6月26日

ISLE OF MTV
毎夏恒例のMTVによる大ライヴイヴェント。フロリアナにて

6月28日〜29日

聖ペトロと聖パウロの祭日 / Feast of St Peter and St Paul - Public Holiday
イムナリヤ祭(Mnarja)とよばれるこの祭日のお祭りは、前日(28日)の夕刻にブスケットガーデンで、かがり火のもとでの民俗音楽や民俗舞踏のショーなどの前夜祭からはじまる。
29日の本祭で、競馬、ロバ競争、家畜や作物の品評会が行われる。収穫祭的な意味合いの濃い祭りで、騎士団支配の時代の中世からつづいている。
イムナリヤとはイルミネーションの意味で祭の期間中、古都イムディナとラバトは、夜、かがり火で照らされ、イルミールーションで飾られる。

6月30日

イン・ガーディア! / In Guardia!

騎士団の時代の軍事教練を再現したアトラクション。
ビルグ(ヴィットリオーザ)にて。11時より。
入場料 大人Eu7.00 小人Eu3.00(12歳まで) 学生Eu3.00


サイトマスターによるインガーディア観覧レポ
http://midmednews.blog85.fc2.com/blog-entry-1024.html

今年は開催場所がビルグ(ヴィットリオーザ)に変更になっています。ヴァレッタのバスターミナルよりNo.2、No.3のバスで30分程度



このページのトップへ
top

前月へ
Previous Month

次月へ
Next Month

イヴェント情報目次へ
Index of Callendar

トップページへ
home

Copyrights (C) 2013;
Chuoh-Chichukai-Tsushin/Sakata Makoto
中央地中海通信/坂田 真