エリア情報/イムディナとラバト
Regional INFO: MDINA & RABAT

[ Jan. 30 2000]


〜 イムディナ&ラバト クリッカブルマップ 〜
<< Clickable Map of Mdina & Rabat>>

◎イムディナ / Mdina

M-a:

バスティオン広場
Bastion Square

M-b:

ノルマンハウス
Norman House

M-c:

フォンタネラ
Fontanella Cafe

M-d:

カシドラル
Cathedral

M-e:

イムディナダンジョン
Mdina Dangions

M-f:

イムディナゲート
Mdina Gate

◎ラバト / Rabat

R-a:

ローマンヴィラ
Roman Vill
a

R-b:

聖パウロの洞窟
St. Paul's Grotto

R-c:

聖パウロカタコンベ
St. Paul's
Catacombs

R-d:

聖アガサカタコンベ
St. Agatha's Catacombs


☆★☆ イムディナ / MDINA ☆★☆

マルタの古都。名前はアラビア語で「都市」を意味する言葉「メディナ」に由来。
太古より、この近辺には人が住んでいました。
現在は、昼間ですら人影まばらで「沈黙の街(Silent City)」と呼ばれます。が、休日の昼間は観光客だらけなのがホントのところ.........

イムディナ城内の現在の住人の数は400人程度。

この街も堅固な要塞となっており、1565年の大包囲戦(The Great Siege)の終盤、オスマントルコ軍は一時この街に攻撃を指向したが、わずかばかりの守備隊の前に敗退。

1693年の、シシリーを震源とする大地震の際、城内の建物の多くが倒壊。
それ以前は、城内の建物はノルマン調であったが、復興後は、その多くがゴシック調となっています。
 

イムディナ城内1

訪れる日時さえ間違えなければ、静かで落ち着いたたたずまいをみせてくれる街であるのも、また確かです。

イムディナ城内2


このページのトップへ

☆★☆ ラバト / RABAT ☆★☆

ラバト

名前は、アラビア語の「街」に由来するとともに、「あらゆる方向から集まった糸の結び目」という意味もあります。

アラブ支配の時代に掘られた堀によって分けられるまでは、イムディナと一つの街を形成していました。

ローマの遺跡やカタコンベなどのほかに、典型的なマルタの街としての存在そのものがみどころとなる街です。


このページのトップへ


エリア情報[マルタ島]へ


トップページへ

Copyrights;
Chuoh-Chichukai-Tsusin/Sakata Makoto
中央地中海通信/坂田 真 1997 - 2009